スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

節分

2012年2月3日(金) 【日本】


今日は《節分》

そういえば
ブラジルに行ってたので
暫く豆まきなんてしていなかった。

夕方に小さな声で
「鬼は~外♪ 福は~内(家)♪」
と言いながら
お義父とお義母さんと豆をまいた。

なんか楽しい

その後
年齢の数だけ豆を食べて無病息災を願った。
・・・相当お腹一杯になっちゃった(苦笑)
   
そして夕食は・・・
はじめて《恵方巻き》というものを食べた。

お義父さんとお義母さんも
はじめて食べたらしい。

私が「今年の恵方(北北西)を見ながら
   のり巻きを切らないで食べるんですよ~」
と言って、せーの!でみんなかぶりついた。

大きな1本の太巻きなのに
全員が完食・・・すごい!!

見るもおぞましい姿だけど
なんだか楽しそうでしょ
まるかぶり

丸ごと1本のり巻きを食べても
お行儀が悪いと叱られる事も無い。
面白い体験をしたわぁ~

来年もしたいな

4回目の妊婦健診

2012年2月2日(木) 【日本】

気温(朝)4℃ 

一昨日まで雪が降っていた
でも今日は晴れている
けど・・・「寒い~!」から。

バッチリ
ダウンジャケットを着込んで
それはまるで・・・
ゴーズトバスターズの<マシュマロマン>

日本ではインフルエンザが
空前の大流行なので
病院でもらってこないよう
(効果のほどは微妙だけど)
一応マスクをして出かけた。

今日の妊婦健診は
36週目の健診。

やはり医師は忙しそうで
前回のように
『ササーッ!』と診察が終了しそうだったので

私「ブラジルから日本に戻ってから
  胎児の全身状態を診てもらっていないのですが
  診てもらえますか?」と尋ねた。

すると・・・
胎児の推定体重を算出するために
測る体の部分を診ながら
やはり『ササーッ!』っと診てくれたらしい?!

医師「赤ちゃんは順調ですよ。」
私 「お腹が妙に大きいのですが羊水はどのくらいでしょうか?」
医師「ふつうの量ですよ。」
私 「やはりこのお腹は自分の脂肪なんですね・・・」

日本でも目の前にモニターがあり
エコー像が見えるのだけど
医師の操作が速すぎて
全く計測値が見えない

ブラジルでは
医師が丁寧に30分以上かけて説明してくれ
値も良く見えたし
診断所見や血液検査結果は印刷してくれたので
自分と胎児の状態を妊婦自身が把握しやすかった。

けど・・・日本じゃ
医師が妊婦と胎児の状態を全て管理している感じ。

日本の産科で働いていた私が言うのもなんだけど
どうも慣れない・・・

胎児推定体重を聞いてびっくり!!
・・・36週4日で約3000g
<かなり良好に育っているね・・・>

良いことなんだけど
お腹が苦しい・・・
胎動で子宮が痛い・・・

医師「赤ちゃん大きいですね~」
  「糖尿病と言われたことないですよね?」
私 「無いです。」

やはり妊娠糖尿病を疑うほどの
胎児の成長ぶり・・・

医師「尿から糖は出ていないし血糖値も正常だし・・・」
  「胎児推定体重は大きいですが上限ギリギリに
   あります。とりあえず様子を見ましょう。」

・・・そうだよね
   そうするしかないよね?!

37週になったら
なるべく早めに陣痛が来てくれないと
どんどん胎児が成長して
難産になる可能性あり!

私の骨盤は広そうだけど
軟産道(子宮口や膣などの肉の産道)の
伸びがどうか・・・やや心配。

いつ生まれてもいいように
着々と赤ちゃんを迎える準備をしている。

先日
かわいい子供家具が届いた。
シンク用のビニール製沐浴槽に空気を入れて
体温計や麺棒、乾湿計などなど・・・

チャイルドシートのそうだ方法を
やっと習得できた。
あとは車に装着してみるだけ。

準備はまだ完了していないけど
急がなくちゃ!

ちょくちょくお腹が張るけど
足の付け根が痛いけど
跡少しで我が子に会えると思って
がんばるぞーー!!!!!

3回目の妊婦健診

2012年1月28日(土) 【日本】

本日の気温-4-6℃ 湿度カラカラ~

先日は35週目の妊婦健康診査だった。

胎児の様子を
もう少し詳しくエコーで見るか?!
と思いきや・・・そうでもなく

≪エコーをしている時間は約3分間≫

ベッドでお腹を出して
待たされている時間の方が長かった。

医師:「羊水は十分ありますね!」
これだけ大きいお腹しているのだから
 それはわかってます。
 多すぎないか診て欲しいのですよ!!
    
結局、ブラジルの産科医と同じ対応だった。
でもブラジルの医師の方が
時間をかけて診てくれるし・・・説明も丁寧
妊婦が質問する隙も与えてくれたなぁ~と思う。

医師:「心臓は動いてますよ!」
それは良かった。
 でも胎動は毎日激しくあるので
 生きているのはもうわかっているのよ・・・
    
ああ…ブラジルの医師だったら
ちゃんと心臓が4つの部屋に分かれているか
弁は閉じているか、血流量はどうか?!
臍帯の状態、胎盤の位置
なんてのも診てくれたのにな・・・

次の健診では診てくれるのか?
やっぱり自分から言わないとダメなのか?
健診の目的ってなんだ?

赤ちゃんが生まれてから
「あらら・・・治療が必要な状態でしたね~」 
ってのは勘弁して欲しい。

医師:「赤ちゃんの顔がお母さんの背中側にある
    ので、今日は写真が撮れませんね~」
そんなのどうでもいいよ・・・
 前回の受診時にもらったから・・・
 何故そんなに胎児の顔写真をあげたいのか?
 目的は?・・・サービスの一環??

そういえば
この病院ではDVDに胎児のエコー像を残してくれる
サービスってのは無いみたいだね(さすが国立…)

さ~て今日は
はじめて他院のマタニティークラス(産前学級)に参加した。

分娩バージョンだったので
病棟見学もできたよ。

でもね・・・
ここでも「やっぱり国立病院だね…」という
感想しか持てない設備状況だった。

産後は母子同質で5人部屋
個室は無いそうだ。
・・・これでも『総合周産期母子医療センター』
   を名乗っているので
   分娩費は少しお高いのかしら?
   次の健診の時、医務課に聞いてみようっと!

しかし
今日のクラスの内容は
よくわからなかったなぁ・・・

参加者(旦那さん含め)16人くらいいたのに
椅子の数は足りないし
テーブルの配置も適切でなく
プロジェクターも無い

リーフレットも無く
模型による説明もほぼ無いに等しい状態
最後に『揺さぶられっこ症候群予防のためのDVD』
を見たくらいかな・・・(微妙だ~)

産前教育という観点からは
少し情報が不足しているように思う。

主に《仲間作り》が目的という印象。

でも
ここに参加している人たちは
(たぶん)何らかの事情で紹介されて
自分の意思と関係なく着ている人がほとんど
では無いだろうか?

つまり遠くの自宅に戻る人
ってこと。
・・・それが前提なら、仲間作りに
   どれだけの意味があるのか?!
   とも思う。

でもまあ
助産師と学生さん
今日はありがとう

※でもこれで有料ってのは納得いかない。
 3回で2100円。
 私は切羽詰った時期なので
 1回しか参加できず・・・でも値段は変わらない。

友人たちとランチ三昧

2012年1月22日(日) 【日本】

ぼー!としていたら
・・・

だいぶ久々の
更新になってしまいました。

最近の私は
友人との再会ランチに
いそしんでおりました。

33週目でも
お腹が重くて重くて・・・

待ち合わせ場所はいつも
乗り換えのない上野駅

先日は短大時代の同期と
軽~いランチ

上野駅のエキュートは
パンダフェア真っ盛り!
パンダクロワッサン
パンダクロワッサン(チョコ味)
(もう一つ何のクロワッサンか忘れた)
カフェオレを食した。

大変おいしかったわぁ~

カフェでひとしきり喋り
次にスープストックで
ご飯付きスープセットを食した。
(これは写真なし)
・・・おいしかったぁ

昨日は寒くて雨の降る中
2年前まで一緒に働いていた
元同僚たちが集まってくれた。

ランチに『しゃぶしゃぶ』
(↑食べ放題じゃないよ!)を食した。
・・・さすが上野
リーズナブルなのにおいしかった。

散々おしゃべりしてから
次なる場所へ移動・・・

初体験の『猫カフェ』へ

入室後すぐに手指を消毒して
料金やシステム
注意事項などをレクチャーされて
イザ!猫たちと遊ぶ

※カフェというわりに
 飲み物は店内の自動販売機で購入する。
 デザート的なものが見当たらず残念

ちょうどお昼の時間だったらしく
すごい数の猫たち(どうやら21匹いるらしい)が
一斉に食事をはじめた。
猫カフェ
強い生命力を感じる光景だわぁ~

スタッフの許可なく
猫を抱っこできないので
おもちゃで何となく遊んだり
なでたりする程度・・・
(お試しコースの30分で帰った)

我が家には既に2匹猫がいる。

2月には
ブラジルから3匹目がやってくる。

そんな私にとって
物足りない猫コミュニケーションだった。
(一緒に行った同僚たちも猫を飼って
 いるので、同じように感じたみたい・・・)

でも利用客はひっきりなしにやってきて
店内はかなり混雑していた。

夫婦やカップル
子連れの夫婦が長時間楽しんでいた様子

都会では
猫を飼えないけれど
猫に癒されたいと思っている人が
こんなにいるんだなぁ~と
改めて思った。

ブラジルだったら
大体どこのアパートでも
ペットOKなのにネ
日本ではちょっと難しいですな~!

帰りはエキュートをブラりして
KINOKUNIYAでパンダサブレを購入

友人と一緒に記念撮影をして帰った。
上野駅
(ホントにお腹の大きさが半端なくて・・・
 重さも限界に近い気がする)

外は極寒だけど
電車の中はぬくぬく~

お義父さんが
到着駅に迎えに来てくれたので
なんの負担もなく
温かいまま家に帰ることができた。

集まって喋ってくれる仲間がいて
心配してくれる家族がいて
ホント!私とこの子は恵まれている。

周囲の皆さまに感謝です

妊婦健診2回目

2012年1月13日(金) 【日本】
今日も寒い・・・
とても寒い・・・・・

しかも乾燥しまくり~!!

今日は2回目の妊婦健診の日。

前回は妊婦の前期採血一式をやった。

今回は子宮頸管からクラミジアの採取をした。

妊婦健康診査受診票は
どれも補助額が違うし検査内容も違う。
どれを使うのが最も良いのかわからない。
・・・困った!!

クラミジアとGBSの採取費用を補助する
受診票(上限9,900円)があったけれど
それはもう少し分娩時期が近づいてから
使うことにして・・・

今回は
一般的な妊婦健康診査にエコーが含まれる
受診票(上限6,250円)を使うことにした。

自費診療の額(5,000円)を補助してもらった
後の自己負担は、わずか1,280円だった。
素晴らしい!!

前回は検査項目が多かったためか?
受診票(上限17,970円)を補助してもらっても
自己負担は約11,000円だった。
・・・ちょっと痛い出費だわ。

ああ・・・ブラジルでは
会社で健康保健プランに加入していたので
妊婦健診等の診察料は無料だったのよね~

今思えば
ありがたかったなぁ・・・

それはそうと
前回の採血の結果
やはり貧血だったので鉄剤を処方された。

今回のエコーで
胎児推定体重が2,500gを超えていることが判明!!
(まだ妊娠33週目なんですけど・・・)

ちなみに
前回の採血結果で血糖は正常値だった。
でもまだ50gOGTT(糖負荷試験)はしていない。
・・・妊娠糖尿病の可能性もあるのか?

体重増加も半端なくて
1週間で1.5kg増加してた(ギョ!!!)
※1週間で0.5kg増加程度が基準なんだけど
 ・・・増えすぎ!!!

太ったのか?(胎児の成長なのか?)
浮腫んでいるのか?(←これは間違いなくある!)
食事には気をつけなくては・・・<反省>

それにしても
夫の帰国予定は
私が妊娠39週目になる頃なのよね・・・

分娩に間に合わないかも~?

どっちみち
分娩の立会いはできない施設なので
どうでもいいような気もするけど・・・

やっぱり私としては
夫がそばにいてくれた方が心強いな~

いつになく可愛らしいことを言う私。
(ちょっと気持ち悪いかも?!)
FC2カウンター
Basic Calendar
<05 | 2017/06 | 07>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Piro

Author:Piro
2011年末にブラジルから日本に帰国しました。
でも…もう少し日記を続けます。ヨロシクネ!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。