スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妊婦健診と分娩費

2012年2月9日(木) 【日本】


今日は
妊娠37週目の健康診査。

胎児は順調に大きくなり
(もちろんお腹も・・・)
推定体重3235g!

来週には3500gほどになっているだろう。

まあ、私は身長も160cm以上あるし
骨盤は大きいと思うので
無事に産めるでしょう・・・(と祈ってる)

さて
本日は健診の待ち時間に
廊下に貼り出されていた
分娩費一覧を見てきた。

私の通う国立大学の付属病院は
公的機関なので費用はそれほど高くない
と思い込んでいた・・・

びっくり!!

<分娩費>
平日の日中:48万円~
時間外  :53万円~
日曜・祝日:58万円~

その他、多胎の場合1児につき20万円加算される。

・・・お高いのでは??

私が以前勤めていた
私立大学の付属病院でも
平日の日中で56万円だったような・・?!

国民保険または会社の社会保険に
加入している人は申請すると
出産育児一時金が支給される。

42万円・・これでも年々増額しているのよ。

いくら増額しても、しても・・・・・
こんなに分娩費が高くなる一方じゃ
”いたちごっこ”だね!!

総合周産期母子医療センターとしての
特殊な機能を持った中核病院だから
周辺の個人病院との競争を避けるために
このような費用設定になっているのかな?

でも
私だってこちらに来たくて
きてるんじゃないのに・・・

(帰国したとき既に妊娠33週で
 個人病院では分娩予約が取れなくて
 40歳過ぎていて、子宮筋腫のオペ既往
 ・・・)

もっと
自分が理想とする施設で産みたかったよォ~
スポンサーサイト

コメント

Secret

FC2カウンター
Basic Calendar
<04 | 2017/05 | 06>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Piro

Author:Piro
2011年末にブラジルから日本に帰国しました。
でも…もう少し日記を続けます。ヨロシクネ!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。