スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3回目の妊婦健診

2012年1月28日(土) 【日本】

本日の気温-4-6℃ 湿度カラカラ~

先日は35週目の妊婦健康診査だった。

胎児の様子を
もう少し詳しくエコーで見るか?!
と思いきや・・・そうでもなく

≪エコーをしている時間は約3分間≫

ベッドでお腹を出して
待たされている時間の方が長かった。

医師:「羊水は十分ありますね!」
これだけ大きいお腹しているのだから
 それはわかってます。
 多すぎないか診て欲しいのですよ!!
    
結局、ブラジルの産科医と同じ対応だった。
でもブラジルの医師の方が
時間をかけて診てくれるし・・・説明も丁寧
妊婦が質問する隙も与えてくれたなぁ~と思う。

医師:「心臓は動いてますよ!」
それは良かった。
 でも胎動は毎日激しくあるので
 生きているのはもうわかっているのよ・・・
    
ああ…ブラジルの医師だったら
ちゃんと心臓が4つの部屋に分かれているか
弁は閉じているか、血流量はどうか?!
臍帯の状態、胎盤の位置
なんてのも診てくれたのにな・・・

次の健診では診てくれるのか?
やっぱり自分から言わないとダメなのか?
健診の目的ってなんだ?

赤ちゃんが生まれてから
「あらら・・・治療が必要な状態でしたね~」 
ってのは勘弁して欲しい。

医師:「赤ちゃんの顔がお母さんの背中側にある
    ので、今日は写真が撮れませんね~」
そんなのどうでもいいよ・・・
 前回の受診時にもらったから・・・
 何故そんなに胎児の顔写真をあげたいのか?
 目的は?・・・サービスの一環??

そういえば
この病院ではDVDに胎児のエコー像を残してくれる
サービスってのは無いみたいだね(さすが国立…)

さ~て今日は
はじめて他院のマタニティークラス(産前学級)に参加した。

分娩バージョンだったので
病棟見学もできたよ。

でもね・・・
ここでも「やっぱり国立病院だね…」という
感想しか持てない設備状況だった。

産後は母子同質で5人部屋
個室は無いそうだ。
・・・これでも『総合周産期母子医療センター』
   を名乗っているので
   分娩費は少しお高いのかしら?
   次の健診の時、医務課に聞いてみようっと!

しかし
今日のクラスの内容は
よくわからなかったなぁ・・・

参加者(旦那さん含め)16人くらいいたのに
椅子の数は足りないし
テーブルの配置も適切でなく
プロジェクターも無い

リーフレットも無く
模型による説明もほぼ無いに等しい状態
最後に『揺さぶられっこ症候群予防のためのDVD』
を見たくらいかな・・・(微妙だ~)

産前教育という観点からは
少し情報が不足しているように思う。

主に《仲間作り》が目的という印象。

でも
ここに参加している人たちは
(たぶん)何らかの事情で紹介されて
自分の意思と関係なく着ている人がほとんど
では無いだろうか?

つまり遠くの自宅に戻る人
ってこと。
・・・それが前提なら、仲間作りに
   どれだけの意味があるのか?!
   とも思う。

でもまあ
助産師と学生さん
今日はありがとう

※でもこれで有料ってのは納得いかない。
 3回で2100円。
 私は切羽詰った時期なので
 1回しか参加できず・・・でも値段は変わらない。
スポンサーサイト
FC2カウンター
Basic Calendar
<12 | 2012/01 | 02>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Piro

Author:Piro
2011年末にブラジルから日本に帰国しました。
でも…もう少し日記を続けます。ヨロシクネ!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。