スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生まれました~♪♪♪

2012年3月13日(火) 【日本】

久々の更新です。
やっと私たち夫婦の赤ちゃんが
生まれましたぁ~

2月21日
夫がブラジル勤務を終えて本帰国。

2月22日
私が破水して入院。
その日に分娩誘発が開始され
薬剤の点滴が終了しても自然陣痛は続き…
眠れぬまま翌日になったのだ~~~

2月23日
前日に引き続き分娩誘発を再開。
なかなか赤ちゃんが産道を降りてくる気配がなく
私の疲労が重なり?有効な陣痛が来なくなった…

結局
帝王切開になりました。

赤ちゃんはとても元気
体重3445g(立派!!)
haruchan
(私に似てる?夫にそっくりなんだよね~!)

私も元気!!
(背中から持続的に痛み止めが注入されていたので
 痛みが少し楽だったように思う)

翌日には歩行して
赤ちゃんを抱っこした。
その日からベッド上での授乳開始!

結構ハードなスケジュールだけど
赤ちゃんがかわいくてかわいくて
動けちゃうものなのねぇ~

ということで
無事、出産が終了したので
勝手ながら、このブログも終了します。

こんな至らないブログを
根気よく読んでくださった皆さまに感謝です。
本当にありがとうございました。

またいつかどこかで・・・
スポンサーサイト

妊娠線と乳房状態

2012年2月18日(土) 【日本】

そろそろ
39週目になろうというときに
アイツが出没した・・・

       ・・・妊娠線

先日の健診で
なんと!腹囲103cm!!

さすがにもう苦しい・・・

私のお腹の左側に
胎児の背中があるんだけど
(その影響か?!)
左下腹に出現していた

(しかも自分じゃ見えないのよ~
 ・・・お義母さんに見てもらっちゃった)

けっこう気をつけていてのになぁ~
こんなに腹囲が大きくなっちゃ~
私の皮膚も強度的にもたなかったね・・・

ショック~

仕方ないかぁ。。。。。

かわいい娘のためだ


それよりも心配なのは
この生まれそうな時期にも関わらず
全く母乳の分泌が無いということ。

乳房ケアは
初期からしていたので
乳菅(母乳が出てくる穴)は
キレイになっているはず・・・

以前、人間ドックで
マンモグラフィーをやったとき
乳房の1/4ほどに
何らかの変性を起こしていたなぁ~
と思い出した。

そのために
乳汁(母乳)の分泌がされないのかしら?

やっぱり
乳房も若いうち(変性しないうち)
に活躍させた方がよかったのかも?!

ああ・・・
母乳育児がしたかったなぁ~

でも母乳が出なくても
今は栄養バランスの良い人工乳があるから
助かるわ!

母乳も大事だけど
愛情を注ぐことが一番大事

他にもたくさん
愛情表現はできる!!

がんばるぞーー!!!
(それに・・・
 母乳が出ないと決まったわけじゃないし)

あくまで
ポジティブに行こう

初NSTと初内診

2012年2月16日(木) 【日本】

本日もやってきました
妊婦健康診査の日。

この日までには
生まれているのでは?!
と思っていただけに・・・複雑な気持ち

妊娠38週4日になった。

胎児推定体重は3230gほどで
前回の計測値と変わらない。

※成長していないわけじゃなく
 測定誤差の範囲だろうと思う。

胎児はまだよく動く。

今日は
NST(ノン ストレス テスト)という検査をした。

※胎児の心拍数の波形と胎動により
 胎児の健康状態を判断する検査だよ。
 
 参考サイト→妊娠・おっぱい・出産・育児情報「HAPPY BIRTH」

ベッドに横向きに寝ながら
モニター画面を見せてもらった。

赤ちゃんは・・・すこぶる元気だ!!

さてこの検査
子宮の収縮状態もモニタリングできる。
・・・でも子宮収縮はなかった。

今日や明日には
生まれないようだわぁ~(残念)

それと初の検査がもう一つ・・・内診だ。

妊産婦さんに内診を実施していた立場としては
内診されるのは初めてだ。

「痛いのかなぁ~??」

ドキドキしながら内診を待つと
(太めの男性医師=指も太いであろう)にしては
ほとんど痛みを感じなかった。
・・・上手な医師でよかったぁ

子宮口(赤ちゃんが出てくるための子宮の出入り口)
の開きは指1本くらい(約1.5cm)だった。

子宮の出口は
全部開いて約10cmとされている。
・・・まだまだだね!

初産の人は
子宮口がおおよそ3cm開いて
陣痛も規則正しく10分間隔になって
痛みを伴うと分娩が開始する。

夫がもうすぐ帰国する。

それまで
この子は待っているのかしら?

でも・・・夫は猫の“あんこ”を
機内持ち込みで連れてくるから
大変疲れているんだろうなぁ~

もしも分娩に間に合っても
陣痛室での付き添いは
お母さんやお義母さんと交替で
お願いした方が良さそうだわ

陣痛が来たかな?
と思ったときから入院・分娩までの一般的な流れは
下記のクリニックのサイトが参考になりますぞー!

※ここは、以前住んでいた地元のクリニック。
 本当はこの先生のクリニックで
 産みたかったのよね・・・(未練がましい?)
「さめじまボンディングクリニックHP」

ああ・・・
今通っている国立の大学付属病院じゃ
高い分娩日を支払っても
このクリニックのような
質の高いケアを受けられないんだろうな・・・
と思うだけでちょっとブルー

・・・ネガティブPiroが出現したぁ~

いかん!いかん!!
元気で生まれてくればそれで良い
と、ポジティブにいきましょう

妊婦健診と分娩費

2012年2月9日(木) 【日本】


今日は
妊娠37週目の健康診査。

胎児は順調に大きくなり
(もちろんお腹も・・・)
推定体重3235g!

来週には3500gほどになっているだろう。

まあ、私は身長も160cm以上あるし
骨盤は大きいと思うので
無事に産めるでしょう・・・(と祈ってる)

さて
本日は健診の待ち時間に
廊下に貼り出されていた
分娩費一覧を見てきた。

私の通う国立大学の付属病院は
公的機関なので費用はそれほど高くない
と思い込んでいた・・・

びっくり!!

<分娩費>
平日の日中:48万円~
時間外  :53万円~
日曜・祝日:58万円~

その他、多胎の場合1児につき20万円加算される。

・・・お高いのでは??

私が以前勤めていた
私立大学の付属病院でも
平日の日中で56万円だったような・・?!

国民保険または会社の社会保険に
加入している人は申請すると
出産育児一時金が支給される。

42万円・・これでも年々増額しているのよ。

いくら増額しても、しても・・・・・
こんなに分娩費が高くなる一方じゃ
”いたちごっこ”だね!!

総合周産期母子医療センターとしての
特殊な機能を持った中核病院だから
周辺の個人病院との競争を避けるために
このような費用設定になっているのかな?

でも
私だってこちらに来たくて
きてるんじゃないのに・・・

(帰国したとき既に妊娠33週で
 個人病院では分娩予約が取れなくて
 40歳過ぎていて、子宮筋腫のオペ既往
 ・・・)

もっと
自分が理想とする施設で産みたかったよォ~

4回目の妊婦健診

2012年2月2日(木) 【日本】

気温(朝)4℃ 

一昨日まで雪が降っていた
でも今日は晴れている
けど・・・「寒い~!」から。

バッチリ
ダウンジャケットを着込んで
それはまるで・・・
ゴーズトバスターズの<マシュマロマン>

日本ではインフルエンザが
空前の大流行なので
病院でもらってこないよう
(効果のほどは微妙だけど)
一応マスクをして出かけた。

今日の妊婦健診は
36週目の健診。

やはり医師は忙しそうで
前回のように
『ササーッ!』と診察が終了しそうだったので

私「ブラジルから日本に戻ってから
  胎児の全身状態を診てもらっていないのですが
  診てもらえますか?」と尋ねた。

すると・・・
胎児の推定体重を算出するために
測る体の部分を診ながら
やはり『ササーッ!』っと診てくれたらしい?!

医師「赤ちゃんは順調ですよ。」
私 「お腹が妙に大きいのですが羊水はどのくらいでしょうか?」
医師「ふつうの量ですよ。」
私 「やはりこのお腹は自分の脂肪なんですね・・・」

日本でも目の前にモニターがあり
エコー像が見えるのだけど
医師の操作が速すぎて
全く計測値が見えない

ブラジルでは
医師が丁寧に30分以上かけて説明してくれ
値も良く見えたし
診断所見や血液検査結果は印刷してくれたので
自分と胎児の状態を妊婦自身が把握しやすかった。

けど・・・日本じゃ
医師が妊婦と胎児の状態を全て管理している感じ。

日本の産科で働いていた私が言うのもなんだけど
どうも慣れない・・・

胎児推定体重を聞いてびっくり!!
・・・36週4日で約3000g
<かなり良好に育っているね・・・>

良いことなんだけど
お腹が苦しい・・・
胎動で子宮が痛い・・・

医師「赤ちゃん大きいですね~」
  「糖尿病と言われたことないですよね?」
私 「無いです。」

やはり妊娠糖尿病を疑うほどの
胎児の成長ぶり・・・

医師「尿から糖は出ていないし血糖値も正常だし・・・」
  「胎児推定体重は大きいですが上限ギリギリに
   あります。とりあえず様子を見ましょう。」

・・・そうだよね
   そうするしかないよね?!

37週になったら
なるべく早めに陣痛が来てくれないと
どんどん胎児が成長して
難産になる可能性あり!

私の骨盤は広そうだけど
軟産道(子宮口や膣などの肉の産道)の
伸びがどうか・・・やや心配。

いつ生まれてもいいように
着々と赤ちゃんを迎える準備をしている。

先日
かわいい子供家具が届いた。
シンク用のビニール製沐浴槽に空気を入れて
体温計や麺棒、乾湿計などなど・・・

チャイルドシートのそうだ方法を
やっと習得できた。
あとは車に装着してみるだけ。

準備はまだ完了していないけど
急がなくちゃ!

ちょくちょくお腹が張るけど
足の付け根が痛いけど
跡少しで我が子に会えると思って
がんばるぞーー!!!!!
FC2カウンター
Basic Calendar
<09 | 2017/10 | 11>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Piro

Author:Piro
2011年末にブラジルから日本に帰国しました。
でも…もう少し日記を続けます。ヨロシクネ!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。